<   2007年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

桜並木診断検討会 07/5/21

e0027974_19332940.jpg主席者  東山R.C会長 松野一彦  次期会長 奥村敦  10周年社会奉仕委員長 乙部健司
     大島造園土木〔株〕樹木医 勝又豊伸
     愛知池友の会  天野  高橋〔親〕 加藤功  岡部

生育不良木の診断
(A)樹高2m程の木の先が枯れた状態は、樹木自身が、その地盤に植えられた環境になじむために、努力している証明で、また新しい芽が出てくる。
(B)根元付近に若い芽がでるのは、自身の幹に日陰を作るためで切らないでほしい。幹の南面だけ赤色に変色したのは日焼けの状態である。
(C)桜No 40~No 65のあたりの生育状態が良いのは、南側の法面の樹木の日陰になり、根元の地盤も温度が上昇しないし、また微生物も繁殖する理想的な場所に育っている。
(D)害虫駆除 
モモアカアブラムシが繁殖しているが蟻が媒介する。退治するには幹に銅線かアルミホイールを巻くと蟻は木に上らない。(銅線はロクショウをふく)
    毛虫(コウマダラエタサク、モンクロシャチホコ)が多い。退治法は殺虫剤で商品名はトレボン(水溶液で人畜無害)がある。
  スズメなど小鳥が害虫を食べてくれるが小鳥の住み着く環境も整えなければならない、生態系を調査して鳥にあう巣箱を設置するのも良い。

生育不良木の標準的蘇生方法
(1)根元の周りの地盤を半径1.0m 深さ0.5m程度をほぐし肥料を混合し根張りを助ける。
(2)根元から放射状に5~6箇所溝状に幅・深さ0.50m 長さ1.0mをほぐし(1)同様をする。
(3)根元から1.0mの周りに5~6箇所、オーガーで径15cm 深さ1.0mの穴を掘り透水性のよい土に、肥料を混ぜ土壌改良し埋める。硬い地盤でも根の先端がその穴めがけて延びてくる。
(4)夏季地盤が温度上昇したときも、樹木は温かくなった地下水を吸い上げ自ら衰弱する、それをできるだけ防ぐため、付近の雑草を刈り取り根元の周りに半径1.5m 厚さ5cm程度に雑草を均等に敷き詰める。
(5)肥料の商品名はOH-C肥料という堆肥にパーライトを混合してある、1袋当たり14kg/20Lで単価は1250円/袋である。                                  
総   括
    ・生育状況は良くないが全体に絶望的になることもない。
    ・この土地で経済的な蘇生工法は(3)が最も適している。
    ・施工時期は樹木の冬眠期1~2月頃がよい。
    ・施工方法、使用材料を成分表添付の上、水資源機構に折衝して了解を得る。
    .・大島造園が工事費を見積もり東山R.C宛提出し検討する。なお予算は30万円ほどある。 
[PR]
by aichiiketomonokai | 2007-05-28 19:30

総務広報部会ミーティングメモ(2)

<日時>平成19年5月26日(土)13:00~14:30 <場所>ダフネ喫茶店2F
<出席>山田代表、蟹江部会長、岡部、竹川、天野、川上、島田、安積(記)
    新村、田中鈴 計10名
<内容> 音楽イベント企画の協議など
1 諸会議運営要領の件(安積)・・資料配布
*総会、世話人会、月例会、部会等の諸会議運営について、ルール明確化を行ない機能向上と効率化を計る。 * 部会活動の活性化が会活動の基本だ。(山田)
*世話人会が一般事項の決定機関。5名以上(現世話人14名の1/3以上)の出席で成立。世話人から議題の事前申告が必要。月例会と合わせ、月1回定期開催を原則。
平日出席不可者を考慮、毎月第4土曜日10:00~12:00ダフネ喫茶店で考える。
2 会員取扱い改定の件(安積)・・資料配布
*活動会員と非活動会員の実態を踏まえ、情報提供、内部管理上これを区分するに留める。部会活動への参加者が活動会員。
*正会員、活動会員、賛助会員の3つに区分するのが世間では一般的。前者2つが1グループ。次回総会の規約改定に織込むが、事務局運用で先行実施する。
*上記2件は整理の上、次回世話人会に付議。
3 幟製作の件(竹川)
*計20本、予算5万円程度で提議する。デザインは会員意向を踏まえ、白地に青文字、青地に白文字を半々作成。黄色使用は1色増のため断念。下記イベント等使用。
4音楽イベント企画の件(竹川)・・資料配布
*ねらい・・“水と緑の環境”に地域の関心を高めること。第1回は“竹”をテーマ。
企画意図を明確にすることが重要。主催は当会。協賛を募る。
*伐採した竹を使いステージ作成。竹細工コーナー設置、子供達参加で作ってもらう。
*地域文化協会等の音楽団体を当たり、演奏者を探す。オカリナ他数チーム。ボランティア出演が基本。“天白川リバーバンド”が近日日進で演奏会あり可能性探る。
*時期は7月最終土曜日夕方。竹細工作りイベントを先行、演奏は日没迄2時間程度。場所は突堤斜面下または、ボートハウス近辺。
*水資源機構の許可受けが先決(山田代表担当)・・趣意書作成が必要、準備する。
*推進チームを発足させ具体化する・・リーダー竹川氏。音楽同好者、イベント経験者、若手など人選。新村、岡部、川上、JC中根氏他で。
5その他
*入会希望者に当会活動内容が分る資料必要・・部会で作成。物置に掲示板設置も。
<次回> 6月2日(土)11:00~12:00 (ケナフ植栽後)ダフネ喫茶店
以 上
[PR]
by aichiiketomonokai | 2007-05-27 14:01

総務・広報部会運営テーマの件

e0027974_20302533.jpg

e0027974_20305723.jpg

[PR]
by aichiiketomonokai | 2007-05-13 20:32

総務広報部会ミーティングメモ(1)


<日時>平成19年5月11日(日)11:00~12:30 <場所>ダフネ喫茶店2F
<出席>山田代表、蟹江部会長、石川、岡部、川上、安積(記)計6名
<内容> 新編成の総務広報部会の進め方など協議
1部会の進め方
(1)メンバー構成・・上記出席者及び天野、竹川氏他当日欠席者及び参加希望者
約10名程度か。次回確定したいので意思表示望む。
(2)活動日程・場所・・毎週金曜日作業部会活動後、当店に集まる。
5月中:11:00~12:30 、6月以降9:30~11:00 月例会前週は日曜日同時間で。会議でなく気軽に集まるミーティング形式。案内は1ヵ月一括で。
秋の総会時までに、解決すべき諸課題に役割分担して取組む。
2運営テーマと分担・・別紙資料配布
*会員管理・・種々トラブルあり、再度見直しながら実施。簡素化で。
*組織・会議運営・・総会、世話人会、月例会、各部会関係で重複機能を整理。部会活動中心で充実化計り実行力を高める。世話人会は調整・決定。月例会は報告機関。前週月曜日重要協議事項があれば世話人会開催を原則としたい。
*広報PR活動・・誰のために何をやるのか?アピールポイント、ポリシーを明確化する。活動内容の記録伝達及びPR用の定期刊行物を検討。
*ネット運営・・何を伝達するか?仕分け整理要す。FAX連絡はやっかい。
*渉外活動・・従来の担当通りで。月1回は報告。
*資金管理・・万博基金等の確保が課題。緑の基金次年度分申請の手続実施。
*イベント企画・・竹川、新村さん等に期待、追加メンバー募り新企画準備。
*NPO法人化準備・・次回総会時での承認に向け準備開始
*分担は自己申告及び推薦で一応の案を出す。参加メンバーと合わせ次回決定
3会員取扱い改定の件・・資料配布
*個人会員の中を常時活動する“一般会員”と常時活動しない“賛助会員”とに区分する案が出された。“正会員”、“準会員”に用語の変更や、文書アンケートで意志確認するなどの諸案が検討された。
*一般会員以外への提供情報量を削減する主目的を考慮、無理して波紋を呼ぶ恐れのある本案を取らず、他方法にて再検討することとした。
4その他
*会員間の相互不信が募り、組織運営上憂慮すべき事態が発生している。看過できない。事態を重くみて責任者は当事者と対話し、早急な対応善処を望む。
以 上
[PR]
by aichiiketomonokai | 2007-05-13 20:29

愛知池友の会 世話人会議事録

e0027974_9143717.jpg<日時>平成19年5月5日(土)13:00~15:00 <場所>ダフネ喫茶店2F
<出席>山田代表、高橋親、蟹江、竹川、島田、藤倉、天野、安積(記)
    岡部、若園、新村、中根光 計12名
<内容> 今後の会運営の方向に関する議論

1平成18年度事業計画推進状況の件
*総会時に策定・提示された諸テーマの達成状況と今後の予定・・項目表資料配布
① 環境整備事業・・“花壇造り”、“葛の蔦切り”は実施完了、継続。“桜並木管理”は実施完了、継続。“植樹”は検討中も難航。“遊歩道整備”は未着手。
② 新規事業・・“雨水貯蔵タンク設置”は実施予定。あとは未着手。
③ 講演会・学習会・・宮脇昭講演会実施。各地植樹祭、講演会参加で実績作り。横田先生、芹沢教授による池環境調査会実施。今後のマスタープラン作りのため。
④資器材・機械器具購入・・かなり調達進展。作業危険防止用ヘルメット、マスク、ゴーグル及び草刈払い機等確保必要。協賛企業マキタに寄付を頼んでみる。予算10万円以内を目途に部会で検討、世話人会に申請のこと。(5月末迄)
⑤イベント・・PR写真展、茶会、花見会など積極的に実施。今後も新企画を継続。

2今後の事業活動の方向(馬杉)
*横田先生の桜並木調査及び芹沢教授の植生調査による助言内容を報告・・資料配布。
 芹沢先生と宮脇先生では植生に関する路線が違う。桜の生育状況は1本ずつで計測要(胸高)・・岡部さんが実施、データ保有。活用可。
*これ迄本件に関しまともな議論をやってきていない。補助金を出している側は我々が何をするか見ている。水資源が乗ってこないのも問題。先方に再確認が必要。
  *池では炭素を出さないこと。水質分析が必要。肥料等持込まない、除草等を持出さないこと。稀少植物保護も大切。在来種を入れるのは難しい。鳥を増やすには菌床を増やすことから開始で。
  *何れにせよマスタープラン作り、会活動の方向付け決定が急がれる。絵を書いて資金確保をしたい。(山田)しかし、必要資金の規模で絵が異なるが・・?
  *本件問題を具体化する部会活動体制を作れぬか?メンバーに植生問題に関心深い中根光、新村さん、新人他の参画を呼びかけては? 最重要課題との位置付け。
3総務広報部会運営の件(安積)・・資料配布
*組織活性化、問題解決促進のため当面両部会を統合、実施テーマ組直し、責任分担し推進する。分担方法は次回部会で協議決定する。毎週池作業後定例ミーティングの場(ダフネ)を設けるので、相談の場として気楽に集まって欲しい。了承。
[PR]
by aichiiketomonokai | 2007-05-09 09:25

平成19年5月度月例会議事録

e0027974_91118.jpg<日時>平成19年5月5日(土)10:00~12:00 <場所>愛知池現地展望台
<参加者> 計31名(議事出席28名)
<内容> 野点設営・弁当用意、会員交流イベントと合わせ開催。会員新名簿配布、名札準備着用。前半のみ会議。

1会員管理改善の件
*先般来の会員人数増に伴う会員管理と情報伝達業務増加に対処するため、常時会活動に参加する一般個人会員と活動に参加を希望しない賛助個人会員とに会員区分を行い業務効率化を計りたい旨の事務局提議あり。(概要はメールで既配布)
*本件は会則改定を行わず、内規の運用で進めることで了承された。実施方法等は部会で詰める。本年初から諸会議・行事へ全く参加ない賛助会員対象者が約30名いる。最終対象者には連絡説明、意志確認を行う。

2総務部会、広報部会再編推進の件
*部会活動の活性化と課題解決促進のため、メンバー重複もあり当面両部会合体方式にて運営したい旨提議あり。主要課題は、会員管理、組織・諸会議運営、広報・PR活動、ネット運営、渉外活動、資金管理、イベント企画・実施、NPO法人化準備の8項目。作業活動終了後、毎週定例ミーティングの場を設ける。
*本件は重要案件につき世話人会にて審議決定することとした。

3計画・調査活動推進状況の件
*横田先生桜並木育成調査・・先般現地診断を受けた。近々“大島造園”の業者に来てもらい、さらに詳細調査を実施予定。
*芹沢教授現地植生調査・・愛知池で植樹活動やるのは難しいがやり方あろう。当日の助言受け概要報告(岡部)

4その他
*宮脇先生講演会開催(5/11、名古屋)の案内。出席者確認(井上)
*グリーンベルト岩村氏挨拶・・愛知池に鳥が少ないのが気になる
*音楽祭イベント企画の話(竹川)
*太極拳体操で全員体をほぐす。(田中鈴さん)
*設営の野点で各人お手前を受ける。(新村、若園さんより)
以 上
[PR]
by aichiiketomonokai | 2007-05-09 09:01

愛知池 友の会     作業部会当番表


e0027974_20492742.jpg

[PR]
by aichiiketomonokai | 2007-05-07 20:49

メールでのクイズの答

부적절해서 삭제했습니다
[PR]
by aichiiketomonokai | 2007-05-06 10:40

紫陽花園へ

e0027974_1948948.jpg昨年、友の会のみなさんに挿し木していただいた紫陽花が少しずつ植えられてきました。
みなさんの手元にある紫陽花の苗が適期になっておりますので植えてください。(詳細は小笠原、藤倉まで)
植え付け後の水遣りが大変なので、雨の降り出す前日か、小雨の時に植えるのがよろしいかと思います。紫陽花はなるたけ色別に植えたほうが管理しやすいので、3年後ぐらいに移植するさいに分別したいとおもいます。又、メンテナンス用の小路を作り「万葉の小路」などの名称を募集して町民の皆さんに広く知っていただきます。
写真上左昨年挿し木して冬に移植/上右05年に挿し木して昨年移植
下左右今年の4月に移植されたものです。
[PR]
by aichiiketomonokai | 2007-05-03 19:48

名古屋東山ロータリークラブ植樹の桜並木活性化検討会結果報告



e0027974_219319.jpg皆さん 雨が上がって、鯉のぼりが緩やかに泳いでいます。
皆さんお元気でしょうか。遅くなりましたが、4月例会の議事メモを添付します。

 議事メモにもありますが、4月21日午前9時から、
愛知池の周辺道路脇に並木として植樹されている桜(名古屋東山ロータリークラブが5年前と2年前に植樹したもの)の生育検討会を愛知池周辺の環境を考える会のメンバーを中心に現地で行いました。
 並木のうち、枯れた桜の脇に直径40センチ、深さ50センチほどの穴を掘りながら、根の張り具合、土壌層の変化、地下水位等を観察しながら検討しました。その結果、土壌が悪くて枯れたとは結論しにくい状態であり、植樹した場合の普通の姿ではないかと考えられた。。

 再度ご連絡致しますが、次回の開催は5月12日に、日進市にぎわい交流館で9時半からです。話題提供は神谷繁雄さんに快諾していただきました。 

横田
[PR]
by aichiiketomonokai | 2007-05-01 21:09