<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

平成20年1月度世話人会議事録

<日時>平成20年1月26日(土)13:00~15:00 <場所>ダフネ喫茶店2F
<出席者>山田代表、高橋親、岡部、藤倉、小久保、川上、安積(記)
     島田、蟹江、皆川 計10名

1 東山ロータリー桜並木再生計画の件(岡部)
*当該土地使用は、他物件と合わせ水資源から当会へ一括貸与契約することで決定。
*維持管理はロータリーの費用負担により当会が担当、大島造園が請負う。本件協定の覚書案を当方で作成、2月中旬迄に先方と具体的協議をする必要あり。業者任せは不可。現状では動かない。山田代表名で先方に申入れ書を出すこととした。

2 デンソー植樹維持管理の件(皆川)
*維持管理費相当として、寄付金の形で今月末5万円振込む。従って、維持管理契約は当分留保したい。先般の植樹イベントは当地が最も参加率が高く社内評価された。次年度予算を本社に申請済みも未確定。在職中は予算確保に努力する。
*記念プレート設置を進めていたが、2月中旬迄に完了予定。
*植樹した地域地面に芝サクラを植えたい。丈夫で美しい。・・池全体計画立案の中で検討したい。(山田)予算の関係あり早急(4月迄)に結論を出して欲しい。

3 緑基金植樹計画の件(岡部)
*1/25除草作業開始。1/26支柱用竹切り。2/1位置出し。次いで山砂搬入を実施。
*1/24(株)マキタで開かれた草刈機講習会に会員8名参加。安全教育をシッカリ受けた。入手したマニュアルを保管、共有利用する。

4 愛知池周辺基本構想作成の件(山田、安積)・・資料配布
*総会議事録では、代表から顧問各位に“愛知池周辺の将来構想作り”課題への参画要請あり、別途具体化・運営策を協議するとなっている。年度事業計画テーマには掲げられていない。モリコロ基金の認可で急遽作成が急がれたもの。
*本課題解決への推進プロセスを明確化する要ある。未定につき事務局から次項目を記した試案が提示された。これをベースに具体化検討を望む。
①目的 ② 構想内容 ③ 組織対応 ④ 日程 ⑤ 予算 ⑥資料収集等
  * 構想内容は当事者各人で考えが異なるのは当然。方向付けの集約は難航予想。
8月末完了目標で具体的日程を逆算で詰める。基金宛提出前に地域行政などへのPR活動を活発にしたい。環境問題への関心高まり、追い風状態にある。(山田)
*世話人会との関係の明確化も要。具体的依頼事項があれば各人で協力したい。
*最大の課題は水資源との根回し。本件推進及び当方考えの骨子だけでも箇条書で纏め、事前に理解を求めておく。先方の考えがあれば聞き、1人相撲を避ける。
*山田代表に一任、顧問グループの会合を早急に開催、具体化の協議、着手が急がれる。次回、結果報告を希望。

5 NPO法人化準備の件(山田)e0027974_13445949.jpg
*定款案が提出・配布された。(天野氏作成)標準モデルに沿ったものでかなり膨大。
*法人化可否の意志決定論議が先決。資金、専任者、事務所確保ができるか?当会では資金を稼ぐ手段がないのが問題。寄付を求めるには法人化が必要だが・・。
本件は次回具体的検討に入る。

6 その他
(1)日進里山シンポジウム展示参加
   1/27 日進市民会館で開催。地域環境団体多数がパネル展示でPR実施。関係者交流も図れる。当会紹介用写真パネル・資料準備した。各種催しあり多数参加を。
(2)カーデン“愛知用水を作った男達”展示会状況
   毎日新聞取材記事掲載。会期中盛上げに協力を。
以 上
[PR]
by aichiiketomonokai | 2008-01-28 13:45

平成20年1月度月例会議事録

<日時>平成20年1月11日(金)10:00~11:20 <場所>カーデン・ロビー
e0027974_17401847.gif<出席者> 山田代表、石川哲、岡部、田中鈴、川上、藤倉、小笠原、小久保、長谷川、
安積(記)、蟹江、島田、新村、加藤、高橋弘、太田 計16名

1諸件報告(安積、岡部)
(1)水資源出向打合せ(12/26)・・緑基金計画申請手続き、デンソー植樹記念看板設置、門松設置の承認受け、カーデン展示会案内他。
(2)門松作り・設置(12/27~1/11)及び餅つき大会(12/28)イベント(メールで既報告)・・餅つきは参加者多数で盛況だった。新村さんの協力に感謝。
(3)ロータリー桜並木再生計画打合せ(1/9 大島造園と)
*今春、大島造園請負で土壌改良及び補植工事を行うこと決定。関係者に対する管理方法講習会も実施予定。ロータリーで30万円予算負担。
*本件は従来、水資源から未だ土地使用許認可を受けていない。文書契約もなくウヤムヤ。今回、当会が間に立ち、水資源との間で5年間の許諾契約を締結する必要あり。
*必要管理経費はロータリーに求めたい。(20万円相当寄付は既受領)草刈など実働作業は当会活動に織り込む。

2愛知池植生マスタープラン作り(山田)
*モリコロ万博助成資金30万円が、1月末に入金可と決まった。このため、先般来着手予定のマスタープラン作成作業を急ぐ必要が出て来た。顧問グループが中心となり関係者とも連携の上、8月末目途に具体的構想を纏めて貰いたい。世話人会に付議・承認要す。水資源に提案、公表前に事前承認を受ける必要ある。この構想には、市民・子供達の共同参加による植樹活動等も盛り込みたい。
*本件開始には、先ず座長及びメンバーの選任・決定、作業工程表作成、課題整理などから行う必要があろう。出席関係者等から意見を聴取。
*水資源現幹部の考えを事前に探っておく必要あろう。最後に反対受けぬよう。
*皆、自分のやりたい入会動機があるので尊重を。頭デッカチにならぬよう注意。
*将来構想作成は必要と思うが、人・カネ等での制約も多い。現実を考え、3年内位でやれることに留めるべき。社会環境もドンドン変る。
*最近の子供は自然に触れ、体を動かすことが少なく苦手。子供達に体験の場を設ける必要を感じる。
*本プロジェクト組織発足への具体準備は、次回世話人会(1/26)で。

3緑基金植樹準備作業(岡部、加藤)
*1/25~開始。作業日程及び作業別必要人員概略を提示。予め参加可能者を把握しておく。作業手順説明と安全徹底を図るため開始前ミーティングを実施する。
*1/18草刈機操作安全講習会をマキタで無償実施。安全管理が重要。資格取得希望。従事者は保険も掛ける。歩行者への安全も配慮。マキタから草刈機追加1台寄付受けた。
*水資源への申請書類はキチンと整備している。イベント植樹計画を小出しにするのはマズイと感じた。植樹計画全体像を提示、根回しをしてから着手すべき。

4その他
*“愛知用水を作った男たち展”イベントチラシPR
1/13(日)王滝村から来訪、各種催しあり。来場PR依頼あり。
*同日14:00~水資源機構出向・打合せ(山田、岡部、太田、安積、大島造園)
①緑基金植樹事業申請書類提出
②ロータリー桜並木再生計画説明・・当会が責任管理することで了解。管理についてはロータリー対当会間で覚書締結する。水資源との土地使用契約は、再生作業終了後、全体基本契約の修正形式で行う。
      ③ “愛知用水実績報告書”刊行物受領(H16名古屋市水辺研究会刊)
③水資源では、目下鵜の糞害に苦慮している。退治の智恵欲しい。
以 上
[PR]
by aichiiketomonokai | 2008-01-12 17:37

愛知用水を作った男達展セレモニー全編


[PR]
by aichiiketomonokai | 2008-01-08 19:14

愛知用水を作った男達展から


オープニングセレモニー様子クリック
物産展・コンサート情報クリック

e0027974_16485281.jpg

[PR]
by aichiiketomonokai | 2008-01-07 16:41

たまり場農園で餅つき


[PR]
by aichiiketomonokai | 2008-01-06 17:54

2008年元旦

e0027974_1025773.jpg

[PR]
by aichiiketomonokai | 2008-01-01 10:25