<   2008年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

平成20年6月度世話人会議事録



<日時>平成20年6月28日(土)13:00~15:00 <場所>ダフネ喫茶店2F
<出席者>山田代表、竹川、川上、岡部、井上、田中鈴、藤倉、長谷川、小久保、
     安積(記)、高橋弘、島田 計12名

1王滝村との交流会の件
<現地調査出向報告>(安積、井上)・・現地マップ、資料配布
*7/19~20 山田代表、岡部、加藤、安積の4名が現地に一泊で調査出向。
*牧尾ダム、おんたけ銀河村、現地ツアー主催民宿、観光事務所、村役場、王滝川ダム湖方面他を視察、村長他関係者と面会・懇談。現地状況の認識を深めた。
*人口約1000人。過疎化進み、財政が窮状。自然環境は素晴らしいが、村内に人がいない。産業が乏しく活気ない。万事お役所仕事的。積極的対応見られず残念。
  * 単なるレジャー企画相乗りでなく、先方が希望する現場支援活動や交流懇談会等と組合せで企画したいが具体案は出ていない。本年をスタートに毎年継続が必要。
*7/15 井上氏が“おんたけ高原山菜狩りツアー”に参加、銀河村キャンプ場等を訪問、現地状況視察。前日、先般設立された“愛知用水チャンネルクラブ”主催のビートソニック戸谷社長一行も来訪している。ブルーポピーの花が観光の目玉。
*昨秋の東郷町物産展や、年初のカーデン展示会に王滝村担当者が当地来訪、同村への来訪を要請されている経緯あり、ぜひ実現したい。
<バスツアー開催企画>(井上、山田)
*10/11~12 東郷町支援による“キノコ狩りバスツアー”企画概要を説明。費用は、1泊4食付@1万円。当会メンバー2千円割引。(個人申請)東郷町から運転手付きバス1台の提供あり。定員30名迄。(補助イス不可)開催・参加に特段の条件はない。会員及び家族、関連団体等に参加希望者を呼び掛け募集する。(担当井上)
*東郷町宛に、願い状と関係書類(当会会則、役員リスト等)提出が必要。承認手続きに1~2ヶ月要す。(担当山田)
*本件に付き、当世話人会として審議結果、原案通り実施につき承認可決された。
具体的企画内容、支援スタッフ等については、別途人選、協力を求める。

2 東郷町への提言書提出の件(山田)・・資料配布
*“愛知用水通水50周年”が3年後に迫っている。“生物多様性条約会議・COP10”の名古屋開催が既決定、地域で環境問題への関心が高まっている。2年後開催。
*通水50年では、木曽川の水に感謝する市民主体によるイベント開催が必要と思う。また、愛知池周辺はCOP10で注目の地域となろう。“水と緑とボートのまち”のスローガンはあるが、現在実態がない。東郷町に具体化推進のハッパを掛けたい。
*グリーンベルト構想は、土地代替が決まり、都市計画課主動で開発が動き出した。
COP10を機に東郷町、グリーンベルトを考える会、当会の連携で実現促進したい。
*会活動状況、愛知池建設経過、グリーンベルト構想、木曽川水源地との交流活動促進等を盛込んだ提言書(別紙)を作成、担当課経由、東郷町長宛に提出したい。
*会活動は別添参考資料に。提言内容は、簡潔で分り易く表記する必要があろう。
*提言内容は、会の基本構想との関係もあり、現段階で会全員から承認が得られたものでなかろう。会代表でなく、山田氏個人名義にて本書は取り扱うこととした。

2池周辺マスタープランの取扱い
*先般作成した緑基金宛の次期植樹計画申請書に関連し、水資源機構から植樹計画の将来構想について絵を描き持って来るよう要請されている。(岡部)
*上記グリーンベルト構想への参画問題も、会活動目標上で明確な位置付けがない。
*昨年来最重要課題だったマスタープラン作りがその後どうなったか?今後どう取扱うのか?代表は判断して欲しい。年度末を控え、次期計画への取捨選択が必要。
*近々、顧問グループで本取扱いにつき会合持つ他、水資源機構及び希望参加者による植樹計画の現地調査会を実施したい。(山田)

4 ロータリー桜並木管理の件(岡部)・・資料参照
*去る4月、名古屋東山ロータリークラブと当会間で“桜並木協力に関する覚書”が締結された。これで年間5万円の協力金が受けられる。但し、当会責任で維持管理業務をしっかり行う必要がある。
*今般、本件に基づくこれ迄の維持管理実施状況等につき報告書を作成、提出する。

5 総会準備(安積)
*例年10月中旬に開催も、前記王滝村ツアーとの関係で、日程前倒し、9月27日(土)午後開催計画で準備したい。事務は間に合わせる。
*天野氏退会に伴う監査人の取扱いについては、便宜上本会で決める。年度末までの残任期間を石川哲氏に推薦することで承認された。今年度の会計監査を依頼する。新年度の役員は全員改選。
以 上
[PR]
by aichiiketomonokai | 2008-06-30 21:35

平成20年6月度月例会議事録

<日時>平成20年6月9日(月)10:00~12:00 <場所>いこまい館2F集会コーナー
<出席者>山田代表、藤倉、石川哲、田中鈴、長谷川、川上、岡部、小笠原、橋詰
     安積(記)、高橋弘、加藤、石川いち 計13名

1夏季花壇作り計画(小笠原、藤倉)・・計画資料配布
*現状人員では耕作面積を増やせない。花壇B3~4の紫陽花、彼岸花は縮小方向で。
*皆が作業にどう参加できるか?で計画は決まってくる。毎週水曜日夕17時~1時間、畑に水撒き作業をやりたい。交代で従事できぬか?(藤倉)
*水やりは継続が必要、中断はできない。草を敷けばかなり乾燥防げる。一生懸命やっても枯れたら辛い。無関心が一番いけない。池からポンプ吸い上げは不許可。
*ボートハウスからの水運搬は難しくない。毎週自分で畑を見て貰うことが必要。放置していてはウオーキング者にバカにされる。
*誰も来ず、1人作業となると惨めでないか?・・当番制はボランティア活動には馴染まない。声を掛け合って一緒に出て行こう。(小笠原)
*7月から金曜日作業7:00~9:00に、土曜日作業9:00~11:00 除草含め全て実施。水曜日作業17:00~18:00 水やり臨時作業のみ。乾燥状況をみて判断。
*6/13~14 百日草畝作り作業に耕運機を使用。橋詰氏に来てもらい、耕運機操作方法の指導を受ける。簡単なマニュアルの作成も頼む。
*8月末迄に必要な活動資金は?・・計3万円計上。(車両賃貸料、替え刃代他)

2 軽トラック賃借契約(安積)
*当会と橋詰氏の間で車両賃貸借契約を交わす。去る4月1日~2年間。料金は年間3万円。維持管理費は橋詰氏負担。ガソリン代支払いは実費状況を見て判断する。
*電動草刈機はメンテナンスが重要。歯は消耗品。上記を含め機器管理経費の予算計上が必要。・・次回までに纏め提出。(川上さんに依頼)

3 国土緑化基金への申請書の件(山田、岡部)
*本年植樹した周辺地で計画。自己資金40万円加え、計100万円の規模で申請。
*申請書類を供覧、代表他関係者に内容は一任。承認通知は9月初めの予定。
*植樹面積は前回より少ない。植樹本数も50本と少ない。大きな木のみ植える。
秋口、決定した後に除草、整地作業に入る。
*水資源に全体計画案を提示した。一部の計画地は材料置場予定あり却下。ノリ面改善計画は評価され喜んで貰えた。県企業庁所有地は水資源に買取り依頼あり、近く水資源の用地となる見込み。今回植樹計画地にベンチ設置の要請あり。

4 デンソーイベント企画(安積)
*昨年秋の植樹イベントに続き、本年も当会とタイアップしたイベントを企画中。予算確保努力するので協力要請したいと皆川氏から話があった。
*子供達中心に池周辺を歩き、木の名前当てクイズと清掃活動などを考えている。
*さらに、環境保護とPRのために池周辺の草花や貴重な植物などを集約した冊子の作成・発行をデンソーがスポンサーで出来ないか?提案している。当会も協力。
*同社とは長期連携が必要。皆川氏に続く当会へのパイプ役となる人の確保も必要。


5 王滝村視察ツアーの件(山田、加藤)
*10/11~12 現地訪問、町後援のバスツアー計画につき、町長宛に我々から申請書を提出の要請が出ている。当会及び推薦者など約30名の規模。決議の形が欲しい。
*何の目的で行くのか?会として池の上流の現地視察だけで良いではないか?
*私の提案は町のバスや補助金とは関係ない。大きな構想で考えるのは負担が大きい。我々有志で現地に先ず行ってきてから考えるべき。(加藤)
*希望者募った結果、4~5名が賛同。6/19~20一泊で現地視察ツアーを実施することに決定。(全額個人負担)参加希望あれば至急申出て下さい。(担当加藤)

6その他
*東郷町広報6月号表紙に植樹イベントの写真が掲載。次号にも関連記事が出る。
*PR効果はあったが新規入会希望が出ないのは残念。女性グループ3人組などに勧誘努力をしたい。生協関係はダメか?子供会ルートで若い父母も・・。
*会議場所は月1回が“いこまい館”、他は“ダフネ喫茶店”で考えたい。
以 上
[PR]
by aichiiketomonokai | 2008-06-10 09:06