平成20年8月度月例会議事録

<日時>平成20年8月11日(月)10:00~12:00<場所>いこまい館2F集会コーナー
<出席者>山田代表、石川哲、藤倉、岡部、長谷川、田中鈴、安積(記)、加藤、石川い、皆川、太田  計11名

1懸案事項の取扱い(山田)
(1)王滝村バスツアー企画
  今秋の会行事として承認され、東郷町に補助手続きを申請、開催準備中だった本件は、その後町の内部審査で諸基準に合わず残念ながら却下された旨報告あり。改めて他方法への切替えなどにつき論議が行われた。
*井上氏が大型免許保有あり、小型バスを借用、同氏運転による代案企画の提案があったが、30名の参加者確保が難、費用負担増、同氏依存の可否などの理由から無理があり、賛同は得られず。
*代って加藤氏より、先般王滝村で発見、愛知池での活用が期待できるベンチ用丸太材の提供・引取りを目的に加え、平日・マイカー利用、会員限定の小規模ツアーで代替開催の提案あり。出席者多数の賛同・参加意思が確認できたので、本案に切替え、早急具体化することとなった。希望者締切り8月21日迄。
*内容:キノコ狩りツアーに準拠。日程:10月8日(泊)~9日案で民宿予約済。マイカー2台、トラック1台使用。参加人員枠10名。(4名単位で纏まれば1台増車可)総費用1人約13000円。(東郷町居住者2000円補助あり)

(2)マスタープラン策定(山田)
*本年度主要案件として掲げられていたがその後具体的な進展がない。関係者の認識もバラバラ、迷走状態。時間切れで仕切り直しが必要では?(安積)
*マスタープラン作りのため、関係者で近々池周辺歩きたいが・・賛同得られず。
*マスタープラン作りは急がなくて良い。年度計画策定とは必ずしもリンクしない。来年度計画は今年度計画の延長で大勢が決まっている。(山田)
*諸事業を補助金頼りでやるのは問題でないか?ボランティア精神から外れる。
*マスタープランは将来に向けての基本的な方向付け。随時修正可のように。
    * 本件は会として意見調整をしてからでないと水資源に説明できない。
*各自が意見をキチンと表明、徹底議論する場が必要。現状認識と合意形成プロセスが大切。説得力も必要。本件は一旦仕切り直しか。(1月度議事録参照を)

2 デンソー・イベント準備協力(皆川・安積)・・資料配布
*7/26 関係者4名で池一周を歩行、植生状況を調査。約20ヵ所で樹木名当てクイズを計画している。パネルを要所に設置するので説明役を頼む。
*“愛知池の自然”と称した小冊子の写真集を編集・製作、当日配布したい。成育・生息する動植物類を纏めたもの。当会としても多角的な活用が可。デンソー経費で計画も当会予算(モリコロ基金)と合体し立派なものを期待。(山田)
*掲載する写真、資料類を早急に集める必要がある。山田代表の紹介を受け、関係団体、人物ルートに当たり提供依頼する。(8月末迄)時間的制約あり、作成迄の段取り、企画内容を早急に纏める。

3 ビオトープ公園構想の報告(岩村氏)・・資料配布
*グリーンベルト岩村代表から、立案推進中の本件につき概要の説明あり。
*愛知用水通水50周年の3年後完成が目標。当会との連携では、意見具申、維持管理協力を要望。維持管理が最大の課題。これが容易な施設を考えている。
*当会では現状業務をこなすのに手一杯状態。これ以上の仕事増は無理と思う。具体的な管理業務内容は不明。
*“東郷町グリーンベルト”通信パンフ参照配布。

4 次年度事業計画と組織運営改訂・・別紙資料
*現年度計画の実績項目を整理している。次年度計画と合わせ次回検討。組織運営上の諸問題も簡素化を図りつつ再検討したい。

5 その他
(1)緑基金事業・19年度実績報告書の提出(山田)・・別紙資料
(2)愛知池に関する意見提示(和合・小林氏)・・山田代表と面談あり。意見有難いが会員に勧誘されては如何。
(3)“水源の里を守ろう、木曽川流域集会”パンフ配布。9/13 吹上げホール。
(4)“浅野史郎氏講演会”パンフ配布。9/21 日進市民会館。
(5)今週の現場作業は盆のため休みとする。

<次回世話人会> 8月22日(金)13:00~15:00 いこまい館2Fで変更開催。
         本年度事業結果・決算纏め及び次年度事業計画検討他
以上
[PR]
by aichiiketomonokai | 2008-08-13 16:52
<< 「東郷町グリーンベルト計画」に... 第4回「みんなで地球・愛&あい... >>