2007年 04月 29日 ( 1 )

愛知池友の会・作業部会議事録(19・4)


日 時   平成19年4月28日  午前10時~12時
場 所   東郷町民会館 第3会議室
出席者   小笠原、櫻井、長谷川、橋詰、鈴木、藤倉、田中、高橋(弘)、長屋、川上、天野、山田、
      小久保、髙橋(親) 以上14名

協議内容と結果  

1.最初に髙橋(親)より作業部会の現地作業につき、以下のような基本姿勢の考え方の説明があった。
  友の会の作業はあくまで会員個人の余暇を利用し、健康管理に配慮したボランティア活動です。
作業の成果は二の次とし、楽しみながらいい汗を流して老化防止に役立てたいと考えています。
雑用や家庭の事情、あるいは個人の健康状態などから決して無理のない行動をお願いしたい。
  また、2時間の現地作業が長いと思われる方は30分でも1時間でもよいし、ただ顔を出して相互のコミュニケーションの場として頂くだけもよいかと思われる。
2.会の部会員の所属を明確にする
  現在の友の会は『総務』『広報』『計画』『作業』などの部会で構成されているが、個々の会員の所属が明確でない。現在の作業部会は現地作業に当たる会員がなし崩し的に部会を構成しているに過ぎない。友の会としてはフレンドリーカードなどで各会員の所属を明確にするようお願いしたい。
  一方、現会員を『正会員』と『賛助会員』に分け、正会員には会の行事や集会などにはその都度、参加を呼びかけるが、賛助会員には総会その他特別なこと以外は連絡しない方がよいという意見となった。(現実にはメールなど迷惑がられた人もいる)
3.作業班の再編成
      これまでは毎週金曜日、土曜日の当番2名づつを決め、当番の方を中心に作業を進めてきたが、人数を増やす(出来れば4名づつ)ことにする。今日の欠席者で作業に参加できる方の意向も尋ねて班の編成替えをして発表し、6月の作業から実施する。
    4.作業時間
      上記の編成替えと共に作業時間は参加者の希望により金曜日と土曜日とで変え、原則的に次の通りとする。 
          金曜班   午前7時~9時
          土曜班   午前9時~11時
3.作業内容
  ◇ 花壇作りは現在実施中の藤倉案(別添)を基に区画割をして、草花類を配分し、播種や植え付けをする。ただ、種や苗の入手具合によって多少の変更は考えられる。
◇ 花壇の草取り水遣り、必要に応じて花壇の周囲の草刈りを行う。
◇道路わきなどの花壇の周りに竹柵を取り付ける。
◇桜並木の管理として根元の草刈り、敷き草、虫取りなどを出来る範囲で行う。
◇周回道路沿いの枯れ松処理や下枝払いの実施については愛知池の管理室と相談する。
◇つつじ、雪柳の中の葛の蔓の伸び具合によっては蔓切りを行う。
◇ 植樹作業については現在の作業部会が実施できる内容や範囲は限られたものとなる。
6.農工具等の追加購入
  ①作業場所の表示や安全確保用のカラーコーン(重し共)、連結バー、ヘルメット、ゴーグルを購入
   (手配は藤倉、長屋両氏にお願いする)
  ②刈り払い機 2台(マキタにお願いしたい)

                                    (以上 髙橋親一記)
[PR]
by aichiiketomonokai | 2007-04-29 12:10